AviUtlの小技やブログ的あれこれ

【AviUtlで!】動画付き:色にこだわるという話【初心者向け】

2018/09/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

(このページは2018年5/24に書いています)

 

 どもー、ぷらぱ―purapa―です。

一人暮らしになってから、テレビを見る機会が減りました。世間の情報に踊らされることもありませんが、
自分から踊ることもなくなりそうですね。超絶情弱!

 ※このページはフリーソフト「AviUtl」を使った編集のアイデア提供ページです。

 今回の記事では「色」に関わる話をします。
自分美術センスないし……と、諦めずにいつもなんとなくで決めている配色を少し見直してみましょう!
これができれば、動画編集はもちろん、ファッションやデザインにも応用できますよ!

動画はこちら↓

ここからは動画で言っていないことにも、少し踏み込んで見ましょう

 

色に関わる話

 
前提:良い、悪いの話

 色や音。人の五感に関わるものは見え方(聞こえ方)に個人差が大きく、
良いと思うものもその人の感性によります。
つまり正解が存在しないため、このページでは初心者の方が最低限守るべきことを記述していきます。
以下に提示する「悪い例」も「効果を知っていて狙ってやっている」場合には対象外となります。

サンプル:悪い例

 

 悪い例としてあげました。

・背景が明るすぎるため、目がチカチカする
・赤と緑はぶつかる色で、毒々しいため人によっては不快
・全体的に色が多く、乱雑。

 こんな要素があげられますね。実際大画面で表示したときの目へのダメージは大きいです。(体験談)
 赤と緑は互いに「補色」という関係になってます。
補色は、「互いに最も目立たせる2対の色」という解釈で良さそうです。

(ここでは深くまで言いませんが気になった人は「補色とは」でググってみてね)

 毒キノコの傘にありそうな危険そうな色合いにも見えます(私の場合)

 とにもかくにも、今からこれを改善していきます。Let’s go!

 

改善1:明るさを抑える

 

明るさを抑えたので大画面表示にしても目が痛くない!(笑)

改善点は以下の通り
・全ての色の「明度」を下げた。背景は少し暗めに。
・真ん中の緑を、赤と協調しやすそうな黄色に変更。

 これだけで大分印象が変わりますね。少なくとも、

 

「うっ!?目が~~めが~~~…」(某バルス)

 

なんてことにはならなそうです。
色の明るさを変えるだけで「そもそも直視できるかどうか」さえ変わってくるんです。
 ね?色って重要でしょう?

 でもまだ問題点があるように思います。私の場合はこう思いました。

・「色の数が多いな」

この一点です。

 子供部屋の積み木のような表現をしたい場合はパステルカラー(白が混ざった淡い色)で
カラフルにするのも、もちろんありです。しかしこのサンプルにはそんな目標もないので
落ち着きを出すために、もう少し手を加えましょう。

 

改善2:全体の色を統一してみる

 

それがこちら。

改善点は
・全ての色を茶色系統にそろえた。

これだけです。真ん中だけは意図的に黄色のままにしていますが、いかがでしょう?

これによって画面全体に「落ち着き」のようなものが生まれます。
加えて、人によっては「整理整頓、まとまっている」といった印象を受けるかもしれません。
(そもそも茶色には「落ち着き」を見せる力があるのですが)

 

 カフェなんかは(スタバとかね)内装に茶色や、焦げ茶色を多く使っています。
決して建材の都合とかではなく、安心感を意図的に生み出しているわけです。

 

まとめ

今回のまとめです。
・色によって人に与える印象は異なる。
・AviUtlを使えば大抵の色は表現できる。
・最低限見る人に不快感を感じさせない配色を目指す。
・色を統一することで画面全体に落ち着きや安心など様々な表情がつけられる。

AviUtl初心者の方はすこし色をいじるだけでも格段に見栄えが変わります!
色を決める際の指標として、上記の観点を意識してみてください。

 

 さて、いかがだったでしょう?
今回は色に関わる話でした。自分が普段編集しているときになんとなくで決めていたので、
1記事に取り上げて「こういう意識をするといいよ」という提案をさせてもらいました。

オリジナル小説(透明天色)を書くにあたって色について調べることが多くあったのですが、
日本の色の名称はかっこいいものが多かったですね。何の話だコレハ。

 AviUtlを使っている人は是非お試しあれ。

 

 以上、ぷらぱでした。

 

 

 

 

このページの情報は以上ですノシ

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私大男子のAviUtl入門 , 2018 All Rights Reserved.