AviUtlの小技やブログ的あれこれ

【AviUtl】まずはこれ! 簡単で使用頻度の高い背景の作り方【初心者向け】

2018/09/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、ぷらぱ―purapa―です。

 

AviUtlユーザーの皆様、いかがおすごしでしょうか?

夏も到来していますし、動画作りましょう!(関係ないけど笑)

 

この記事では、AviUtlの「モーショングラフィックス」や「動画のOP・ED」に使う背景。

その中でも、よく使われていて、初心者も簡単に作れるものを紹介します。

 

AviUtlの簡単な背景の作り方は?

 

細かい説明もいくつか挟みます。

「AviUtlの背景って、まずどう作るの?」と言う方は参考にしてください。

一緒に作業をするとわかりやすいかもしれません。

 

1・メディアオブジェクトから図形をタイムラインに追加

  ↑この画像に移っている枠内(タイムライン内)で右クリックするといろいろ出てきます。
   その中に「メディアオブジェクト」さらにその中に図形があるので確認してみてください。

2・設定ダイアログから「図形の種類」をクリック。「背景」を選択

  ↑このウィンドウを「設定ダイアログ」と言います。

 

2番の作業を終えると、画面が真っ白になるはずです。

このままでも背景として使えますが、ひと手間加えます!

 

3・設定ダイアログ右上の「+」ボタンの中にある「グラデーション」をクリック

  ↑現在メインウィンドウはこうなっていると思います。

 

4・設定ダイアログ・グラデーションの中にある「幅」の値を大きくします(840くらい?)

  ここからは好みの設定になると思うので、僕個人のおすすめになります(笑)

  ↓4番までの設定を終えるとこんな感じ↓

 

5・設定ダイアログの「グラデーションの形状」から「円」を選択

  ↑画像の囲まれた部分をクリックして選択します。

 

6・「幅」、「色」を自由に調節して完成!

まとめ

 

・図形から背景を選択。グラデーションをかけるだけで簡単な背景になる。

・色やグラデーションの形状を変えることで大幅に雰囲気が変わり、応用もきく。

 

 色をテーマごとに変えたり、グラデーションの位置をずらすことで
 どんな場面にも使える万能な背景になります。

 背景で悩んでいる人は、基本的な機能の組み合わせを考えてみるのも面白いです。

 

 

以上ぷらぱでした――。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私大男子のAviUtl入門 , 2018 All Rights Reserved.