AviUtlの小技やブログ的あれこれ

【AviUtl】十字の背景を作ろう!MADやPVにも!【拡張編集/初心者向け】

2018/09/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、ぷらぱです。

サークルでエレキギターやります。リードギターがむずすぎます。

 

さて、今回の記事ではこんなのを作ります。

 

 

AviUtl上級者でも使っている人の多い背景です。

まずはうまい人のマネから!

【AviUtl】動画制作はどうすればうまくなる?

 

十字背景の作り方

 

1・「メディアオブジェクト」から「テキスト」を追加

2・テキストに「+(プラス)」を入力。

↑テキスト入力欄はこうなってます。

「+」は「Lキー」の右にあるキーをShiftを長押しながら押すと入力できます。

 

3・「文字毎に個別オブジェクト」にチェックを入れます。

 

4・テキストに「基本効果」より「領域拡張」を追加。

↑ここ(赤丸)をクリックして、「基本効果」の中から「領域拡張」を選択!

 

5・上下左右をすべて「25」にする。

↑上下左右の値を同じにすると、十字の配置が正方形になって綺麗です。

 また、25じゃなくても構いません。一つ一つの十字の間隔を変えられます。

 

6・画像ループを追加→縦/横回数を好きな値にする

完成!

 

うまい人がこの背景を使う理由(わけ)

以下は僕(ぷらぱ)の勝手な推測です。

主な理由はこの3つだと思います。

・遠近感や、動きを見せやすいから

 ……メインとなるオブジェクトが動くとき、この背景が比較対象としてわかりやすくなります。

・形が「それっぽい」から

 ……十字がいくつも等間隔に並んでいるだけで「それっぽい」ですよね(笑)

・カメラ制御が使いやすいから

 ……一つ目の理由と被りますが、カメラ制御を使ったとき。

    オブジェクトが一つでは動きが弱く感じます。そんなときにこの背景をちょいたし!

 

まとめ

 

・テキストに「+」を入力→領域拡張→画像ループ!

 ……汎用性の高い十字背景を作れます!

 

いかがでしょう?

スクリプトを使えばもっと簡単に作れるものもあると思いますが、

今回はデフォルトで作ってみました。

 

調べたら、自分で作って知識をスキルに昇華させてしまいましょう!

 

それではこんな感じで、

以上、ぷらぱでした――。

 

 

この記事の情報は以上です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私大男子のAviUtl入門 , 2018 All Rights Reserved.