AviUtlの小技やブログ的あれこれ

【AviUtl】動画制作はどうすればうまくなる?

2018/09/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、ぷらぱです。

 

新幹線車内で書き始めました。

どうでもいいね。

 

こんなタイトルですが、自分が実感したことだけを書きます。

薄い内容にならないといいなと思いました(小並感)

 

僕が実感した、動画制作をうまくする二つの方法。

それは主に二つです。

1・ジャンルを明確にする

 

ひとえに「動画制作」と言っても色々あります。

例えばMV、例えば実況動画、MAD、とかね。

 

自分がうまくなりたいのはどのジャンルなのかによって、必要な知識やスキルが異なってきます。

 

例:実況動画

……面白い部分を選別する技術。(ギャグセンス?)ここぞという時に挿入する字幕やBGM。

 

例:MV(ミュージックビデオ)

……テンポや音量に合わせた柔軟な表現。歌詞がある場合、その意味を正確に汲み取る必要も……(?)

 

この二つだけ見ても、必要なスキルに大きな隔たりがあるのがわかります。

漠然と「うまくなりたい」と思う前に、うまくなったら何をしたいのかを考える必要があるかも!

 

2・先人(上手い人)から学ぶ!

 

最近実践していることです。

Youtubeやニコニコ動画に上がっている動画の中から、自分が気に入った作品を見つけて分析します。

 

「どんな動きが気に入ったのか」「それを自分で再現できるか?」「スクリプトは?」

色々学べるところは多いです。

 

特にスクリプトは見ておきましょう。

「どうやってんのかわからねぇ……」という動きも、スクリプトで配布されているアニメーションの

組み合わせかもしれません。

(スライスとか、ブロックノイズとかね)

 

僕みたいな初心者も、まずはマネしてアイデアの引き出しを増やしましょう。

 

まとめ~うまくなるために~

 

・ジャンルを決める→必要な知識や技術が絞られる。

・うまい人の動画から学ぶ。

 

単純ですが、いざ作ろうとすると忘れてしまうんですよね……

コツコツやっていきます(/・ω・)/

 

以上、ぷらぱでした――。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私大男子のAviUtl入門 , 2018 All Rights Reserved.