AviUtlの小技やブログ的あれこれ

【読書初心者にも】第3回:休む技術【この本おすすめ!】 

 
この記事を書いている人 - WRITER -

(このページは2018年5/30に書いています)

 

 どもー、ぷらぱ―purapa―です。

最近湿気が多くなってきました。雨が降ると活動が鈍くなる気がする今日この頃です。

 

 さて、この記事では「読書初心者による読書初心者のための」

【この本おすすめ!】のコーナー。第3回をお届けします。

 

基本情報

 

          第3回:「休む技術」   著者:西多昌規

・出版社 ・・・大和書房

・ジャンル・・・実用書

・お値段 ・・・650円+税

・概要  ・・・仕事や生活の中で蓄積される疲れ。長時間の作業やそれに伴う心の疲労、
        果ては人間関係まで。
        パフォーマンスを維持し、リラックスしながら仕事に臨むために、
        休み上手の技をお届けします。

おすすめポイント

 

こんな人にお勧め

・普段から疲れを感じている、また、それがあまり消えない
・長時間の仕事に従事している
・家にいる間でも緊張状態が解けない
・SNSの「即返事」が普通になっていて、それに息苦しさを感じている

ここがおすすめ

 この本は5章で構成されていて、
日常のこと/仕事のこと/人間関係のことといった風に区分されて説明されています。
表紙にも載っているとおり、オンオフの切り替えに関した話も出てきており、
明日からすぐに実践できる内容が充実しています。

 また、ところどころに海外の例が持ち出されています。
そのため、日本の風潮の一つである「残業は当たり前」と言った考えの異常さに気づくきっかけになります。
 日本人の有給消化率はなぜこんなに低いのか?といった問いにも積極的に考察されているので、
単純に読むだけでも面白いです。

 

ぷらぱの勝手な感想

 

 私が初めて自分で買った実用書です。

 大学生の生活において毎日が新鮮で楽しい分、たまには休息をとらないと息切れを起こしてしまうように感じます。
人間関係においても大学では自分から作っていく必要があるんですね。
それを崩してしまわないように自分に嘘をついて迎合していくのはやはり疲れるところ。

 本書では「自分の意識を変える」ことと、「周囲との距離感を考える」ことで、
息切れせずに(さらに高パフォーマンスで)楽しく毎日を過ごすための方法が載っています。

 個人的に役に立つと思いました。
知らない間にたまっていた体と心の疲労を取り除く大きなきっかけになります。

 

まとめ

 

 このコーナー初の実用書でした。
私のような読書初心者には、「日常生活に役立つ」という利益があるほうが、
読むのに躊躇いがなくなる気がします(笑)

 読んだことが日々の中で役立つというのはうれしいし、楽しいと思うんです。
まずは自分を管理するために、という理由からこんな本を選んでみました。

・自分の継続的な仕事や作業に疲れている。
・人間関係に疲れている。

 そんな心情がある人で、興味を持った人がいれば是非手に取ってみてください。

 

以上、ぷらぱでした。

 

 

 

このページの情報は以上ですノシ

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私大男子のAviUtl入門 , 2018 All Rights Reserved.