AviUtlの小技やブログ的あれこれ

【AviUtl】PVやMADに使える素材!……円で図形を作る【初心者向け】

2018/09/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、ぷらぱ―purapa―です。

地元の友達にやったこともないフットサルに誘われました。

ぼろぼろでしたが楽しかったです。そして訪れる筋肉痛。痛い。

 

さて、この記事ではPVやMADを作りたいときに使える「ちょっとした小技」をご紹介!

今回作るのはこれらです↓

円で四角形を作る

 

まずは一番簡単な四角形から作ってみましょう。

1・図形を追加

2・「画像ループ」を追加

3・横回数、縦回数を調節
  この時、横と縦が違う値だと長方形になります。

4・画像ループの「個別オブジェクト」にチェックを入れる

5・円の拡大率、サイズで好みの大きさに変える。

完成!

拡大率:33……サイズ:62……画像ループ縦横:ともに5

円で円を作る

 

次は円/三角形を作ってみます・四角形よりも難しくなります。

 

1・円に画像ループを追加。画面を覆うくらい大きく作ります。
  注:タイムラインの「Root」からシーンに作ってください。

 

 

2・もう一つ図形オブジェクトを追加し、1つ目のシーンの上に配置する。
  タイムラインはこうなっているはずです↓

 

 

3・「Scene1」を右クリック→「上のオブジェクトでクリッピング」をクリック

 

完成!

 

円で作りましたが、タイムライン上で「シーン」の上に配置されている図形オブジェクトの

形を変えれば、その通りに作ることができます。(例:三角形・星・五角形……)

 

まとめ

いかがでしょうか?

お望み通りのものが作れていれば幸いです。

色合いや配置を変えると様々な表情を見せてくれると思いますんで、実際に作って、いじってみてくださいな。

 

それでは。

以上ぷらぱでした――。

 

この記事の情報は以上です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私大男子のAviUtl入門 , 2018 All Rights Reserved.